みー太のみたがたり。

やってみたこと、考えてみたことを書いていきます。

恋活アプリで出会った人と付き合って1年経つ。

 

こんにちは、みー太です。

 

昨今、ネットで繋がった人とのトラブルは、ニュース等でもよく聞きますね。

やっぱり今でも、ネットで知り合ったって言うと

「えー?それって大丈夫なの?」と眉をひそめる方も中にはいらっしゃいますよね。

私もそう思っていました。

 

しかしですね。

 

私が今付き合っている彼とは、実は「恋活アプリ」と呼ばれるもので知り合いました。

ネットからの出会い、だったんです。

 

 

 

 

 どうして恋活アプリを始めたのか

 

私がこのアプリを知ったのは就職してすぐのことでした。

 

今まで誰とも付き合ったことが、すごいコンプレックスで。

いつか自分にも恋人ができると思っていました。が、そんなことは全くなかったです。

高校になったらできる・・・大学になれば彼氏が・・・社会人になれば・・あれ?

 

気が付いたら20超えていい大人ですよ。

 

男友達もいない非モテ陰キャブスなので、彼氏の作り方もよくわからない

社会人になりお金も自由に使えるので、これを機に「恋活」とやらを始めてみようと思ったのがきっかけでした。

 

はじめてみたときの率直な感想

 

はじめてみたときの、率直な感想。

 

なんだこの新世界。面白すぎる。

 

自分が異性とデートするという経験自体が無かったもんで、それ自体も新鮮すぎたし(しかもそれが全然知らない人というのも面白かった)

女の子扱いされるのも「!!!!!!!」ってなるぐらいはじめてのことだったので、本当に貴重な経験だったなあと。

まあ「うわあ!!ないわこのブス!!チェンジ!!」という思いを思いっきり態度に表すやつもいましたけどな。ふぁっく!!!

早めに帰って連絡切ればいいものを・・・。

 

あと、普段まったく関わりのない世界の人と話せるというのはとても良いと思います。

 

 

 

ネットでの出会いには、やっぱりリスクも伴う。

 

なんだかんだ言っても、やはりお互いに素性が知らない相手。

かなりのリスクはあります。それはきちんと理解した方がいいです。

 

恋活アプリでは、真面目な人もいらっしゃいましたが、ヤリ目な奴もいます。

 

相手が嘘ついてても、こちらはわかりません。名前も、住所も、連絡先も。

 

もし身体目的で近づかれて、気づいた時には逃げられていたなんて可能性もあるんです。

 

なので、免許証など相手の身分が分かるものを、必ず提示してもらうこと。

 

電話番号等や住所、できれば勤め先等が分かるまでは、夜に会ったり、二人きりにはならないこと。

 

相手が自分の不安をきちんと理解してくれて、なおかつそれを少しでも和らげる行為をしてくれるかどうか、が重要じゃないかと思います。

 

※余談※

まぁ偉そうなことをいっても、私はそれを守れていませんでした・・( ^ω^)・・・ほんとすんません。

(それはまた後日記事にします)

 

彼みたいな善良な人と巡り会えたのは奇跡だったんだと思う

 

今の彼と会えたのは確かに「恋活アプリ」のおかげです。

彼は善良で、暴力もせず、身体目的で近づく人ではありませんでした。でもそれは本当に運が良かっただけだと思うんです。私のやり方は明らかに間違っていました。思い出しただけでゾッとします。もし会っていた中に、人を傷つけることを良しとするような人物がいたら?

おそらく生きていなかったか、もしくはひどい目に遭ったと思います。

 

 

何が言いたいかというと、やっぱりネットは使い方次第ということ

 

何がいいたいかというと、やっぱりネットでの出会いにはリスクは伴うし、自分できちんと安全を確保すること。

 

あと、自暴自棄になるなら他の方法にしてほしいという、お願いです。

 

リスクが高すぎるから。

 

だったらバンジージャンプとか過酷な登山とかした方がまだマシだと思うよ。

 

 

 

あと、だれかに甘えたいならカウンセリングが一番かもしれない。

※今現在私はカウンセリングに通っています。

 

おまけ:これからもよろしく。

 

f:id:geshirui333:20171108083711j:plain

<料理をするM氏。Mズキッチン!!とか叫んでいた。是非もこみちになってくれ!!

 

出会ってから、1年経過しました。

 

いろいろあったね。

 

これからもよろしくお願いします。

 

 

 

広告を非表示にする